2020年度委員長基本方針並びに事業計画

 

《総務広報委員会》委員長 土田 斗弥

 

(基本方針)

 

本年度総務広報委員会では、LOM運営の礎であることを自覚し縁の下の力持ちとして職務を全うし、館林青年会議所メンバーの模範としての活動をいたします。

 

 私たち館林青年会議所の目的でもある、明るく豊かな社会を作るためには会議において活発な議論がなされる必要があると考えます。そのためにも諸会議運営にあたっては、会員が青年会議所活動を滞りなく行えるよう、そして会員皆様の限られた時間を無駄にすることのないように情報共有ツールの提供を行い、年間を通じて諸会議等のスケジュール管理や会議資料の収集・配信・保管を適切に行っていきます。

 

新年祝賀会では、各種行政・団体にご支援、ご協力いただいたことへの感謝を伝えていただくと共に、本年度の意気込みを伝えることができる場として、絶好の機会であるため、館林青年会議所全メンバーでおもてなしをしたいと考えております。

 

 広報活動に関しましては、ウェブページやSNSなどの媒体をフル活用し、地域住民の皆様に我々の活動を正しく知っていただき、理解者を増やし分かりやすく活動内容を発信していくことで、私たち館林青年会議所の認知度が向上し、活動により協力的になると考えます。

 

 会員拡大に関しても、広報活動を行うことで活動に共感する方が増え、会員拡大にも繋がり、共に活動する仲間が増えると考えます。

 

 幹事会では、委員会運営の要でもある幹事としての役割や業務内容、そして重要性を理解していただきます。またスキルアップなどにもつながるような情報を提供し、幹事会で学んだことを、委員会運営に活かしていただきたいと思います。

 

 最後に、総務広報委員会は、組織の根幹の委員会であることに責任と誇りを持ち、委員会メンバー一丸となって精一杯活動して参りますので、メンバーの皆様のご理解とご協力のもと、一年間ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

 

 

 

(事業計画)

 

(1)諸会議(総会・理事会)の運営

 

(2)広報活動の拡充(ウェブページSNS等のメディア)

 

(3)新年祝賀会の実施

 

(4)財務管理

 

(5)幹事会の実施

 

(6)例会・理事会の出欠記録管理

 

(7)基本資料の作成(JC手帳要覧・事業報告)

 

(8)会員の拡大

 

(9)参加意識の向上

 

(10)その他